日刊ササボン

雑食系ライター/エディター・佐々木正孝プレゼンツ ラーメンと仕事あれやこれやの日々

一年中、冷やし中華を食べる

 

寒の入りから寒の明けまで、つまり小寒から大寒までが寒の季節。今年2020年なら1月6日(小寒)から2月4日(立春)までが寒の内ということになる。

そんな寒中の季節こそ、クールな冷やし麺を食べてみようではないか、と思い立って溜池山王へ。こちらには『冷やし中華専門店 HiyaChu』がある。

 

ramendb.supleks.jp


2019年2月4日、ちょうど立春にオープンした、その名の通りの冷やし中華専門店。ジャスト1年後の立春、2月4日に移転オープンするというから、寒の内に食べておかなきゃなるまい。

 

ということで、仕事場からテクテク。渋いビルの地下飲食店街の一角を訪れた。

 

メニューは「ブラックビネガー」「グリーンソース」のレギュラーに月替わり限定を2種類合わせるという構成。限定の「ウニクリーム」「えびアボカド(和風です)」も気になったが、まずはスタンダードからいっとこう。

 

オーダーしたのはブラックビネガー。女性店主がスナック然とした厨房でワンオペ奮闘している。大崎さんが「大井町の『ajito』に初めて行ったときの感覚」と書いていたが、まさにそんな感じ。

 

しばし待って着丼したのがこちら。

 

f:id:sasabon:20200201214825j:image

NYから逆輸入という触れ込みだったが、それほど無国籍にはシフトせず、冷やし中華の様式を踏まえたルックス。しかし、ヒンヤリ冷涼に食べさせるというよりは、現代まぜそばのモデルを意識している感もある。

 

楽しいのはパクチー、紫玉ねぎ、オクラ、ミニトマト、ワカメ、ツナチャツネ、半熟味玉、チャーシューと盛りだくさんな具材群。盛り付けにも気配りがなされ、完成形から香り立つ雰囲気は上々である。

 

個人的な嗜好かもしれないが、ワカメがブーストする冷やし中華感は意外。舐められん。

 

f:id:sasabon:20200201214821j:image

 

麺はしっかり歯ごたえある食感で、縮れ具合も絶妙。醤油と酢のきいたタレは量もほどよく、よく絡む。そんなにグイングインと天地を返さなくてもよし。

 

移転後は寒の明け。新たなスペースで「グリーンソース」、意欲的な限定たちも食べてみたい。


f:id:sasabon:20200201214818j:image

 

そもそも論に戻って、寒の冷やし中華である。

 

珉亭@下北沢、萬福@銀座にはグランドメニューに冷やし中華がある。美富士@北千住も通年で提供しているという話を聞いた。

 

なんて話を麺友の青木健さんに振ると、「浅草のあさひ、三河島のすずきも通年で出しているみたいですね」と即レス。さっそく、冬の冷やし中華巡りへと出かけることにした。

 

何といっても、冷やし中華といえば外せないのが神保町。

 

ramendb.supleks.jp

冷やし中華の元祖として有力なこの店。富士山を模して「四季を彩る」コンセプトの五色涼拌麺を頼むと、「五目そばじゃなくていいのね?」とマダムに聞き返された。通年提供でも、さすがに冬に頼む客は少ないようである。

 

さて、まとめるにあたって、週プレで取材したときのメモを取り出してみると……この名物冷やし中華、キュウリや焼豚などの具材は「メニューを開発した2代目店主が好んだタバコと同じサイズ」で切りそろえられているという。


f:id:sasabon:20200201214815j:image

十数年ぶりに食べるからか、ややコンパクトに食べやすくなった感もあるが、その伝統で言うなら寸法にも変化はあるまい。この店が冷やし中華を開発したのは昭和8年(1932年)と伝わる。2代目店主はゴールデンバットなどのレギュラーサイズ(70mm)がお好みだったのだろうか。

 

酸味が効いたツユはさっぱりとしつつ、だけど物足りなさはない絶妙加減。このあたりが歴史に磨かれてきたメニューらしい塩梅だ。

 

ヒンヤリと麺を堪能し、店を出てすずらん通り商店街をそぞろ歩き。冷やし中華で満足したら、冷やし麺で締めるべし、と次の店へ。

 

ramendb.supleks.jp

 

ここでは外せないのがコレですね、「山形名物 つったい(冷たい)ラーメン」。角氷がトッピングの一角をなす、これぞザ・冷やしラーメンという貫禄。


f:id:sasabon:20200201214812j:image

 

山形のマルセイしょう油を使って、さっぱりさせるのは山形産りんご100%という本格醸造りんご酢か。シャバッとした冷やしラーメンならではの冷スープだけど、じんわりしみる滋味がある。そして、円空仏のような素朴なラーメンだから、ノミ跡がざっくりくるような全粒粉麺が、よく似合う。

 

冷やし中華からのつったいラーメンという、神保町北壁に新ルートを開拓した我ら。

 

『ととこは』山形の日本酒につまみも豊富、じっくり腰を据えて冷やし麺談義をするにはちょうどいい。クラシカルな冷やし中華を萬福で堪能するもよし、町場の中華屋でハートフルな冷やし中華に出会うもよし。次なる厳寒麺ツアーに、話はどんどん転がっていくのであった。

 

冬の冷やし中華、冷やしラーメンもいいけど、冬の日本酒冷やもいいね。

 

f:id:sasabon:20200202170358j:image
f:id:sasabon:20200202170402j:image

半蔵門書店 経巡り

『ソラノイロ』のグランドメニュー、フルリニューアルにあたって、連日の半蔵門通い。麹町本店なので最寄り駅は麹町だが、私は半蔵門線ユーザーなので半蔵門駅から歩くのが基本である。花粉がない季節は平河町赤坂見附を経て仕事場へ帰ることも多い。歩いても20分程度ではある。

 

24時間フル営業が懐かしい渋谷南口店、ヒカリエ再開発と共に消えてしまった渋谷東口店、文系野球の総本山と名高かった東京ドーム店と、思い入れある山下書店はいずれもクローズになっているのが残念だが、ここ半蔵門ではいまだ健在なり、山下書店、なのである。

 

店舗外側での雑誌面展開、これぞ山下書店ウェイ。自動ドアをくぐると『妻のトリセツ 』特設ラック。2019年アタマの空気感だね。ビジネス街ということあって、入ってすぐにはビジネス書コーナー、右に入って男性誌総合誌、やや奥まって面積を取るのが女性誌といった布陣。ただ、私立中高が点在するというロケーションもあるのか、中学受験コーナーも存在感を発揮している。『二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (1) 』をドーンと出し、中学受験エバンジェリストのおおたとしまさ氏著書、日経DUALの『中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ 新装版 』といった基本線を押さえているあたり、父母として経験した書店員の目配りを感じる。

 

といった感慨を持っていたら、そのコーナーの直上の『山を渡る -三多摩大岳部録- 1 』特設コーナーに惹かれる。大学山岳部を舞台にした登山マンガ。『岳』以来、久々に山ものを読んでみるか、と元大学ワンゲル部の私は手にとった。あ、『山と食欲と私』も好ましいけど。マンガコーナーでは、2巻が出た『東京城址女子高生 2 』も抜いて雑誌方面へ。あ、これも『山を渡る』と同じハルタコミックスだったか。

 

最近、業界誌のライターワークでラーメン店の最新券売機事情にフォーカスしていることもあり、働き方改革と自動化を視野に入れた『月刊食堂 2019年 04 月号 』を。特集は「装置業態と省人化モデル 装置が主役のヒット店」。

 

坂口孝則さんの著書『ドン・キホーテだけが、なぜ強いのか?』が出たのは18年11月のことだったが、最新『週刊東洋経済 2019年3/30号』の特集は「ドンキの正体」。杉並にあったアーリードンキはドンキ渋滞を引き起こす集客力を持っていたが、確かに風呂上がりヤンキーカップルのまったりした空気感もあった。あそこから驚安をうたうメガドンキにいかにして進化したのか。来し方には興味そそられる。

 

ライフスタイル系に目を向けて、先月号に続き、『MONOQLO (モノクロ) 2019年 05月号 』も。ここ2年ほど本誌では仕事してないが、浅沼新編集長体制になって2号目の動向に注目。検証ラボなどインフラ整備でも注目されるが、本号の1特「暮らしにいい道具大全」のような、イマドキ都市生活者の日常に寄り添うような誌面作りがキモでもある。

 

ku:nel(クウネル) 2019年5月号 』は、特集が「36人の食スタイル」。カレーマニアの坂井真紀さんのキャッチーな写真がたまらないが、ファッション写真家北島明さんのマニアック料理三昧ページにも興味津々。料理本の熟読からリアル調理に落とし込んでいく方法論、書斎派グルマンとして共感する向きも多いだろう。
 
京都主張を控えてるので、『SAVVY(サヴィ)2019年3月号』の「京都でいま食べたいおいしいもん」特集、『CREA Traveller Spring 2019』の「あらためて京都」特集もゲッツ。2年前、若冲の本を手がけた私だが、まだ京都で若冲の絵を拝んだことはない。今回の出張、その機会があればいいが……?

 

新書には出物なく、何冊かタイムリーで興味深い文庫を抜く。「元号が変わる時、何が起こるのか! 知的好奇心を刺激するスリリングな一冊!」という手書きポップにヤラレて『天皇の影法師』。高校の社会教師に影響を受け、猪瀬直樹では『ミカドの肖像』あたりを読んだものだが、元号を切り口に天皇代替わりをクローズアップした本作は、まさに平成三十年三月に手に取りたい一冊。

 

昨今の歴史学者論争を念頭に置いて、在野の歴史学者諸行無常に思いを馳せたい一冊。『戦後最大の偽書事件「東日流外三郡誌」』を上に乗せ、レジへ。著者の斉藤光政氏は東奥日報古史古伝文書の報道に携わってきたという人物。安彦良和氏描き下ろしというカバーが目を引く。

 

都内7店舗になったが意気軒昂、雑誌・マンガ・ビジネス書・文庫のトータルファイトで縦深の店舗づくりを続ける山下書店。ソラノイロのラーメンと共に、末永く通うことだろう。


 

横浜書麺遊

TRY名店部門をコツコツつぶすの巻。

みそ部門常連をクリアすべく、横浜方面へ足を伸ばす。

 

道行く人は、コートとパーカが混在する三寒四温。春も、もうすぐだ。

お目当てラーメン店開店まで、まずは本屋。横浜は仕事でいろいろ来るぐらいで、遊びではほとんど歩いたことがないので、書店勘がない。池袋のように駅の地下構造体が巨大で、なかなか出るのが大変というのもあるし。

 

そごうの紀伊國屋かルミネの有隣堂か。横浜ローカルということで有隣堂へ上がる。

白熱LEDトーンでやわらかく、でも全光入ってフラットに明るい店内。

 

長い旅に出る友人のために本を選ぶ。『深夜特急』を気取って李賀詩選など選びたいところだが、新刊では入手困難だろう。旅と酒、月と人。陽性の『李白詩選 (岩波文庫)』を岩波文庫から抜く。

 

あとは、最近渋谷の書店で探していたがなかなか見当たらなかった『「らぁ麺屋 飯田商店」のごはんレシピ 自宅で簡単!』。TRYの統括編集者と、名店部門の担当編集が作ったようだ。神奈川つながりということで有隣堂にはあるかと思ったが……レシピコーナーで一冊棚差しなっていたのを発見。

 

雑誌まわりでは、マネー系オウンドメディアの参考に、『BRUTUS特別編集 合本 お金の、答え。(マガジンハウスムック)』。カジュアル視点の目配りに。

 

このところ、パーソナルトレーナーの書籍企画を出してはブラッシュアップ擱座、一捻りデッドロック、視点変えて沈殿、という流れを繰り返しているので、心機一転の参考にすべく、最近の売れ筋らしい『はじめてのやせ筋トレ』ピック。ゼロトレと並んでコーナー化されているあたり、女子訴求のコンセプトワークで参考に。

 

銀座街紹介の仕事オファーも入ってきたので、関連書を渉猟して『新・旧銀座八丁 東と西』をセレクト。銀座一丁目から八丁目までを東・西に分け、全16章で構成するという意趣が面白い。私自身、朝日新聞原稿係時代からよく歩いてきた街だ、銀座。教文館から始まり福家書店旭屋書店など、思い入れある書店も多い。

 

新書で何か面白いのないかと巡ってみたら、『ゲームの企画書(1) どんな子供でも遊べなければならない (角川新書)』がなかなかよさげ。ヒット企画の開発秘話とね。大好物。

 

マンガまわりでは『東京城址女子高生 2 (ハルタコミックス)』とか『新九郎、奔る! (2) (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)』

が出てる頃合いかと思ったら、城址JKは1巻のみ、新九郎は4月発売であった。

 

矛を収めてルミネを出で、ブルーライン有隣堂で時間を使いすぎたのもあり、ブルーライン急行各停ミス問題などがあり、お目当ての店についたら先客12の結構な列。ええいままよ、と並んで、おかみさんにオーダーを聞かれて『流星パンチ』とぽつり。

 

開店速く、それほど待たずに店内。B'z流れ、永ちゃんタオルがインパクトある中、チロリに味噌玉を溶かし、湯煎しながら作る店主の流れる所作を眺める。

 

f:id:sasabon:20190321115113j:image

 

スパイスのミクスチャーと椎茸、玉ネギ、味噌感の融合。このセンス素晴らしい。圧巻の味世界に没入し、満足のまま『流星軒』を出た私であった。大岡川の川面をあたたかな風が滑る一本橋を抜け、南太田へ。京急で東京へと戻る。

 

 

街パンと里パン

f:id:sasabon:20190112202033j:image

今月の『婦人画報』はパン特集。

コミュニティの中心になり、情報を発信源にもなる「街パン」と、

土地の恵みをアルチザン的に育み、集約するという「里パン」。

この切り口が面白い。

 

「街ラーメン」と「里ラーメン」もできる。

「街フレンチ」と「里フレンチ」も、オーベルジュ的に全然あり。

「街そば」「里そば」もありだな。漢字は「町そば」にしたいけど。

 

じゃあ、「街中華」は? もちろん「町中華」っていうワードは耳馴染みあるようになってきたけど、対比して「里中華」ってのはちょっとピンとこないな。このへん考えると、それぞれのジャンルのマトリクスが見えてくるような気がする。

 

 

ゼロ年代も遠くなりにけり 鷹の時代振り返る

ホークス一筋、オールドルーキーで入団し、最優秀中継ぎから先発転向、
5年連続開幕投手沢村賞受賞。攝津が引退。
ここ数年は苦しいシーズンが続いたが、和田ホールトン杉内が一挙離脱の鷹先発冬の時代を支えた投手として、思い入れがある。ウェットに見てしまうのはしょうがないのであった。
 
ということで、秋山監督時代の勝利の方程式、SBMもここで全員が引退ということに。
甲藤を入れたSBM48、森福を加えたSBM48ちょの去就はこんな感じ。
 
攝津正 (S)(2018シーズン引退)
ブライアン・ファルケンボーグ (B)(楽天を経て2014年引退)
馬原孝浩(M)(オリックスを経て2015年引退)
甲藤啓介(48)(オリックスを経て2014年引退)
森福允彦(ちょめ)(巨人)
 
ちなみに、栄光の2003年をはじめとしたゼロ年代ホークスを支えたホークス四本柱は……こんな感じ。杉内が苦しい選手晩年にピリオドを打って引退。和田はもう一花、というところか。
 
斉藤和巳(右)(2013年引退)
和田毅(左)(MLBを経て復帰し現役)
杉内俊哉(左)(巨人を経て2018年引退)
新垣渚(右)(ヤクルトを経て2016年引退)
 
打線の方では、100打点カルテットを擁したダイハード打線2003。
 
1 村松有人(中) (オリックスを経て復帰後2010年引退)
2 川﨑宗則(三) (MLBを経て復帰後2018年自由契約)
3 井口資仁(二) (MLBを経てロッテで2017年引退)
4 松中信彦(一) (2016年引退)
5 城島健司(捕) (MLBを経て阪神で2012年引退)
6 ペドロ・バルデス(左)(2004年ダイエー退団)
7 フリオ・ズレータ(DH)(2008年ロッテ退団)
8 柴原洋(右) (2011年引退)
9 鳥越裕介(遊) (2006年引退)
 
こちらは、若手だった川崎が残るのみだが、まあほぼリタイヤと言っていいかもしれない。記憶には鮮烈に残るが、選手生命というのは短いものだ、とつくづく思う。