日刊ササボン

雑食系ライター/エディター・佐々木正孝プレゼンツ ラーメンと仕事あれやこれやの日々

ラーメン店主の腕組み問題

過日、久々に高円寺へ。

 

青木健『教養としてのラーメン』& 川口友万『「至極」のラーメンを科学する』W出版記念イベント

 

へと足を運んだ。青木氏『教養としてのラーメン』はもちろん、川口氏の著書も興味深く拝読してきた私としては、足を運ばないわけにはいかない。

 

ラーメンマニアックス的な含蓄と言うよりは、人に寄った観察眼が生かされた青木氏トークを聴いていたわけだが、なるほどと膝打ったのが最初のお題「ラーメン店主が写真で腕を組むのはなぜか」

 

まあ、SNS的にはネタ的に消費されることが多い「店主腕組み」。

今のカジュアル若手店主はむしろ避ける傾向すらあるだろう。

ラーメン好きからしたらコモディティ化しているというか何というか、

そこはもはや論点じゃないんだよ、と思うが、

マニア外からは執拗ないじりがあって閉口することもある。

 

なるほど、と思ったのが、

この「腕組み」が、いつから一般的になったのかという問題だ。

 

青木氏は、90年代のラーメン本ではほとんど店主腕組みが見られず、2000年代初頭からよく見られるようになった。それはTBS『ガチンコ!』で佐野実氏が講師を務めた「ガチンコラーメン道」に由来するのではないか、と指摘する。

 

確かに、コックコートでシュッと腕組みした佐野氏の姿は原風景だ。

「安彦立ち」ならぬ「佐野組み」と呼んでよいのかもしれない。

 

ということで、『教養としてのラーメン』の当該年表を眺めてみると、

「ガチンコラーメン道」がスタートした2001年の項に気になるトピックを見つけた。

 

☆ラーメン集合施設(ラーメンコンプレックス)が全国各地に増加し始める

 

である。

振り返れば、90年代のラーメンはメディア主導によって人口に膾炙した。

1998年元日のTVチャンピオン「日本一うまいラーメン決定戦」石神さんの紹介による和歌山ラーメン。ご当地、ご当人もテレビ番組の影響が強かったであろう。

ゼロ年代以降もTVチャンピオンはじめ、もちろんマスメディアパワーは健在だったが、そこで一般層に刺さる接点として「ラーメン集合施設」「ラーメンイベント」は無視できないプレゼンスを持ったと思うのだ。

 

青木年表をふたたびたどると、2003年には

 

☆この年から翌年にかけて30ヶ所ものラーメン集合施設がオープン

 

とある。

佐野実氏のガチンコ店主像が刷り込まれた市井の人たちは、そのイメージを持って集合施設、そしてゼロ年代末からとみに活発化するラーメンイベントへ足を向けたであろう。当然、そこで期待される「ラーメン店主」のパブリックイメージは「腕組み」だ。

 

f:id:sasabon:20220614102531j:image

f:id:sasabon:20220614102535j:image

 

私も資料派ラーメンマニアとして考現学的なアイテムを収集してきたが、

2009年開催の『大つけ麺博』

2011年開業の『東京ラーメンストリート

資料では、ものの見事に「腕組み」姿が席巻している。

 

「ガチンコラーメン道」を契機に台頭した「腕組み」は集合施設、ラーメンイベントの誘客キャッチアイコンとしてブレイクしたのではないか。そしてそれは2014年の佐野実氏逝去、2015年の『蔦』がミシュラン東京一つ星獲得あたりで収束していったのではないか。

というあたり、今度青木さんと語ってみようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

石神秀幸ラーメンSELECTION2008(双葉社)

f:id:sasabon:20210626160231j:image

 2007年11月刊行。

 

石神秀幸が斬るラーメンブーム 1998-2007

・“香味油”が果たした飛躍的な香りの向上

・自家製麺の普及によって製麺所の意識も変わった

・業務用スープの進化がラーメンの底辺を上げた

豚骨魚介ラーメンが首都圏を席巻している

・今から10年前、首都圏は「背脂」と「家系」だった

・重層型 濃厚魚介 そして鶏白湯へ多様化

・痺れる辛さが魅惑的な汁なし担々麺の台頭

 

●巻頭特集 10年間載りつづけた殿堂入りの名店

麺屋武蔵(山田雄店主インタビュー)

大文字(中村紘店主インタビュー)

来来来(原田義行店主インタビュー)

青葉 飯田橋

与ろゐ屋

多賀野

桃桜林

武田流古式カレーライスと支那そばの店 インディアン

むらもと

らぁめん 一福

らーめん 麺好

博多・長浜とんこつラーメン 御天

一二三

千ひろ

長崎ちゃんぽん福(丸囲み)

くじら軒 本店

元祖北海道旭川ラーメン ぺーぱん

支那そばの里

 

●NEW COMER2008(抜粋)

麺・酒処ぶらり

真ごころラーメン竹

麺えどや

麺や璃宮

ajito

らーめん はやし

うさぎ

麺や 七彩

愚直

いつ樹

ラァメン家 69’N'ROLL ONE

麺やBar渦

大黒庵 本店

喜今日屋

麺や双六

中華そば 大咲

麺屋たつみ 喜心

うさぎや

つけ麺 目黒屋

房州千倉らーめん 華の蔵

石神秀幸 ラーメンSELECTION 2010 (双葉社)

f:id:sasabon:20210625205410j:image

 2009年10月刊

 

<総括>

編集統括を担当。地ラーメン、ドロ系、タンメンの3大企画は石神さんの発案。

「ご当地ラーメン」のその先、地ラーメンにフォーカスしたのはさすがの先見性。ニュータンタン、勝浦タンタンなどはまだあまり知られてなかった頃か。版元担当編集の提案でドライブナビを付けた。アリランは取材拒否なのでイラストにてルポ。君津豚骨の知られざる歴史は、その後いろいろ企画に発展させていただいた。

ニューカマーは、現代に続くプロデューサー、アレンジャー的人材がズラリと並んでいる。 

 

●神の舌が徹底取材 知られざる一杯 地ラーメン探訪

川崎溶き卵タンタン

家系

平塚ラオシャン

サンマーメン

小田原系

油そば

八王子ラーメン

スタミナラーメン

竹岡式

勝浦タンタン

君津豚骨

アリランラーメン

 

●超濃厚ドロ系ラーメン

麺匠 克味

めんや参○伍

濃厚中華そば・つけ麺なおじ

日の出らーめん

つけめん あびすけ

麺家 うえだ

 

●タンメン新時代到来

濃菜麺 井の庄

TOKYO味噌らーめん 江戸甘

酒と肴と麺の店 田村屋

タンメンしゃきしゃき

メルシー

中華料理 大宝

トナリ

味の十番

たんめんや楽

 

●今シーズン注目のNew Comer(抜粋)

二代目つじ田『味噌の章』/店主 辻田雄大

麺処 びぎ屋/店主 張廖貴俊

らあめん 元/店主 内田 元

肉汁うどん 肉汁や/店主 鈴木大介

煮干し鰮らーめん圓/店主 田中秀明

音麺酒家 楽々/店主 磯部 優

麺創研 かなで/店主 山口裕史

G麺7/店主 後藤将友

BeeHive/店主 斎藤直樹

 

●2010 新たに殿堂入りした名店

はやし家

支那そば 八雲

はるばるてい

梅もと

蒙古タンメン中本

鏡花

まんぼう亭

麺工房 隠国

あぢとみ食堂

しあわせラーメン金の糸

シン・品川ラーメン

品達なき後、高輪口でさっとラーメン食べたいときのベスト解答は苦しいところだったが、思わぬ救世主が2021年2月オープン。飲食店横丁施設「品川横丁」2Fの『麺LOUIS(麺るい)』。

 

ramendb.supleks.jp

夜はカラオケパブ『留居』として営業し、昼がラーメンの二毛作営業。カウンター上にはキープボトルがズラリ。カウンターに座ればモケット生地というのか、あの毛羽立った上質な座り心地のいい、あのパブのイス。

 

f:id:sasabon:20210515154522j:image

 

体が醤油を欲していたので「鶏清湯・醤油らぁ麺」。900円だったので切りよくしようと味玉子100円を追加。こだわり読むと、塩だれが先説明。ああそうか、と思ったらメニュー筆頭は「塩らぁ麺」の様子。

 

f:id:sasabon:20210515154540j:image

 

さて、その醤油ラーメンは見るからにバッチリ、素敵な一杯だった。動物系と魚介系のWスープは醤油ダレもまろやかに合わさり上々。香りはカツオ系魚介、コクは鶏のいいとこ取り。上質な酸味も印象的。表面香味油は黄金色というよりは油脂膜細かめのしっとり肌。中細ストレート麺もバッチリ合っておいしい。穂先メンマ、2種のチャーシューもジューシーでよし。すっと完食完飲言うことなし。

 

f:id:sasabon:20210515154528j:image

 

序盤中盤終盤隙がない、素材たちが躍動する。そんなラーメンのおいしさもあるが、こちらは丁寧な仕事ぶりが味の金字塔を立てる、実直な味わい。

品川ラーメンの決定打が久々に登場した感あり。

 



 

 



 

 

 

 

らーめん ねがいり@半蔵門

荏原中延と多賀野、九段下と2000年代初頭の九段斑鳩のように、
駅名とラーメン店がわかちがたく結びついて、その駅に降りたらそのラーメン一択、
になってしまうことがあるが、ソラノイロも麹町-半蔵門で色濃く存在感を発揮し、
このあたりにくると、なかなか他の店には足が向かない。
のですが、種々の条件重なって『らーめん ねがいり 』@半蔵門へ。
2021年1月16日オープン。
 
f:id:sasabon:20210130012550j:image
 
店名は、尾崎世界観の曲から取ったのだとか(いけ麺さんブログより)。
長渕剛(『逆流』)、ミスチル(『麵屋 彩音』)などの曲名から取った店はあるし、
フィッシュマンズをモチーフにした『いかれたNOODLE Fishtons』(大阪)なんてのもあった。
文芸からとった店名も『麺屋 ねむ瑠』(向田邦子)とか
『らーめん愉悦処 鏡花』(ずばり小説家)などが浮かぶが、
こうした文系由来のラーメン店名というのも挙げてみると面白いのかもしれない。
それこそ、ソラノイロも般若心経という経典の由来であるしね。
 
ということで、『豚骨醤油らーめん』+味玉 800円
 
f:id:sasabon:20210130012557j:image
 
油もきいてるけど家系ともまた違うライトな着地。
モチっと存在感ある太麺が、いわゆる小麦感ある系。
 
f:id:sasabon:20210130012616j:image
 
 
個人的に好みの味わい。
穂先メンマとオレンジ味玉もいい感じ。
尾崎世界観の楽曲も小説もなじみなかったが、
このラーメンをフックに、ちょっと分け入ってみようかと思う2021年1月。