読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊ササボン

雑食系ライター/エディター・佐々木正孝プレゼンツ ラーメンと仕事あれやこれやの日々

らーめん 麺くま@久我山 開業

ラーメン

久我山駅北口出て正面すぐ。

『らーめん 麺くま』が2017年2月15日にオープンした。久我山病院そばの『中華料理 熊』の支店、というかセカンドブランド、ラーメン専門店という位置づけになるのだろう。

 

f:id:sasabon:20170215114414j:image

 

看板には拉麺 麺くま、らーめん 麺くまが混在。幕もそうなので、やわらかい「らーめん」イキなのかな。

 

入ってすぐに券売機。基本ラーメンとネギラーメン、チャーシューメン、そしてワンタンとハーフ味玉入りの推しメニュー「熊らーめん」という並び。開店祝儀で熊らーめんをぽちっとする。

 

席は厨房に背を向けるスタイルのカウンターのみ。水もラーメン受け取りも返却もセルフという方式。券売機にも酒メニュー、つまみはなかった。立ちそばのようにさっと食べてさっと出る利用が想定されているようだ。

 

オープン初日ということで本店の店主夫婦がアシストしていたが、基本は若い店主がワンオペでも回せるように考えているのだろう。

 

後ろを向いて厨房を注視していると、平ざるで麺上げして、熊らーめん着丼。おかみさんが「今日だけだけどね(笑)」と持ってきてくれた。

 

f:id:sasabon:20170215115839j:image

 

ダークウッド調のカウンターに映える白丼。きちっと丁寧な盛り付け。これも本店仕込みの端正さ。メンマとチャーシューは本店と似ているルックス。ただ海苔は大判でぶさっと刺さっており、青菜とあいまって正道のラーメン感を担保する。ワンタンはみちっと粒立って肉感的。

 

麺は白っぽい中細麺、これも本店と同じっぽい。小麦感、噛みしめ感よりは、つるりと喉越しに重きを置いているというか。

 

そして、スープ。塩味、旨みを強く感じる。本店の煮干しあっさり素朴な味わいよりは、駅前スピード感、店主の若さが立ち昇る意欲系。表面にはネギ油か、まったりしすぎないぐらいにキラリと。これは本店譲りかな。

 

トレンドラインを盛ってくるのではなく、安心の熊が、駅前で。パパ友とは「軽飲みにいいかな〜」なんて話してたけど、まあそれはそれ。本店の味わいが、さくっと食べられるのは嬉しい。

 

久我山のラーメンフロントラインが、また厚みを増した。