読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊ササボン

雑食系ライター/エディター・佐々木正孝プレゼンツ ラーメンと仕事あれやこれやの日々

もし、校閲ガールがTRYをチェックしたら

ライター ラーメン ムック

さる10月26日、今年も『第17回 TRYラーメン大賞 東京 ラーメン・オブ・ザ・イヤー』が発売になりました。新店部門の編集として、不肖の私めも携っております。

 

 

 

 

審査員の審査によって順位が厳正に決められるTRY。気鋭の皆さんの徹底的な食べ歩きリサーチと妥協なき投票が根幹をなすわけです。

また、掲載写真のクオリティも特筆もの。美麗な麺線を、クリアなスープを、真摯な職人像をカメラマンたちが活写してくれています。

 

そして、縁の下の力持ちとしてページの質を担保しているのが校閲です。マストは朱字で、そして校閲的な疑問が黒鉛筆で。ゲラにはめっこりとチェックが入ります。TRY制作上には審査会、取材・撮影といくつも難関がありますが、この校閲ゲラチェックが、最後の一山とも言えるのです。

 

校閲さんの緻密なチェックぶりは、まあ、ドラマにて石原さとみが感じたり何だりしているわけですが、TRY誌面にもその一端は感じられます。

 

たとえば、味噌ラーメン。「噌」という字についてです。

 

 

同じ口偏でも、「曾」が本字、「曽」は許容字体。校閲ガール的には違うわけで。

 

それはラーメン店でも使い分けられています。

校閲さんは看板、暖簾の字体と齟齬がないか、ビシバシチェックをくださるんですね。

 

 

f:id:sasabon:20161124204735j:plain

f:id:sasabon:20161124204740j:plain

 

 

熟読玩味、アウトプットの精度を不断に高めていかなければならない。

誤植やミスに膝がくずおれたこと少なからぬ私は、校閲さんの黒鉛筆を見て背筋を伸ばし、また赤フリクションを手に取るのです。