読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊ササボン

雑食系ライター/エディター・佐々木正孝プレゼンツ ラーメンと仕事あれやこれやの日々

勝つか零 カツカレーうどん

ふと舞い込んだ、うどんメディア案件を手がけているので、カジュアルうどんに傾倒している今日この頃。

屈強なコシよりは、天使のほっぺ的なしなやかさが好みなので、仕事場付近の青一では、なか卯にちょこちょこ足を運ぶ私だ。


f:id:sasabon:20141018080023j:plain

ということで、
カツカレーうどん。590円。

甲子園出場校とか、よくゲンをかついで試合前にカツを食べるけど、カツカレーは勝つか零。

板子一枚下は奈落、死合的な緊張感が立ち昇る。それがカツカレーなのである。

とまれ、
なか卯のかつ、コンパクトで厚みも適度な佳作だが、カレーうどんのキャノピーとしてもベストマッチ。

スパイスおさえ目のカレーは粘度も高くクリーミー。衣サクサクのカツをぐいっと沈めていく背徳感がたまらない。


f:id:sasabon:20141018080037j:plain

うどんがまったく見えなかったので、リフト系の撮りにトライしてみた。

カレーとカツの合間から、たおやかな柳腰が浮かび上がる。