読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊ササボン

雑食系ライター/エディター・佐々木正孝プレゼンツ ラーメンと仕事あれやこれやの日々

 自遊時間 三省堂書店(神保町)

 6月中旬にオープンしていたという。三省堂書店のアネックス。以前は三井住友だかの銀行だったと記憶する。丁度、本店のトイメンにあたる。御茶ノ水駅がわ、というか明治大学がわ、というか。 
 もと銀行のフロアだったからか、天井も高く。棚の幅もゆったりとしており、見回りやすいのがいい。まあそして何より、客が少ないのがいい。本店の方は人ごみが凄く、雑誌コーナーなんてとてもじゃないと立ち読みできないが、ココは楽勝なのだ。
 天井から釣り下がるMTB。こーゆーのを見ると、ヴィレッジ・ヴァンガード本店を想起してしまうんだが、フロアを眺めると、文具系のコーナーも充実している様子。扇子などの和小物も多い。グッズと本を連動させた棚構成、というのはV.Vスタイルと同様だが、より年齢層高めにもアピールする仕様になっているようだ。

 書籍系の棚揃えを見てみると、どうやら「食・旅・道・楽」というのがコンセプトらしく。サライ、太陽系のビジュアルムックも目立つ。じっくりと同系統の本を探すにはいいだろうね。

 併設するは上島珈琲店*1。言わずと知れたUCCである。気泡ガラスで区切るというモダンな仕切りにセンスのよさを垣間見た。こちらはほぼ満席。書店以上ににぎわっている様子だ。