読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊ササボン

雑食系ライター/エディター・佐々木正孝プレゼンツ ラーメンと仕事あれやこれやの日々

ブックファースト(渋谷) 

 まずはグルメ/ガイドブックコーナーへ。時によって人だかりしているのが難だが、全面面出しのレイアウトで探しやすいのがいい。「コレは使えるね」(水足氏)「めちゃ売れしてるみたいだよ」(石神氏)、両合コンマスターお墨付きの「TOKYO隠れ家個室」を購入。個室系居酒屋、ダイニングの特集には定評のあるTOKYO1週間の増刊という体裁。店内レイアウト、個室写真もフォロー掲載しているのが確かにすごい。キッチリ活用させてもらおう。

 奥右の大阪雑誌コーナーも忘れずチェック。ミーツ・リージョナルの大阪本が出ていたので、即買い。ざっとインデックスを眺めただけでも、「堂々オムライス」「まむしの兄弟」といった、ダンチュウの表紙のキャッチっぽいフレーズがズラリ。「大阪=イタリア説」といった打ち出し系の企画も好きだ。ミーツのどこがいいって、デザインもイイんだけど、この、編集者バイアスのかかった構成が好きなのだ。

 B1に降りて、写真集コーナー。cover/girlを買う。表紙は、まだまだ年若の宮崎あおいテツandトモもかくや、の赤ジャージを着てはります。そう、この写真集、あのサイゾーのアイドルジャージ表紙をじゃじゃっとまとめた一冊。透明感とピュアネス、洗練さ。そして何より、この久家靖秀さんというカメラマンさん。女のコの視線を丹念に拾っていくのが巧みだ、という気がするんです。上戸彩なんて、最近あらゆる雑誌の表紙を飾ってるような印象があるのですが、コレが最高だったんではないか、と今になって思うわけ。

 あとはタダシ☆タナカのシュート活字本を。ちょっとタイトルセンスが……。安手の文庫から出る書下ろしやっつけ本ではないのですから。

 2階に上がって、文芸、サブカル系の新刊をチェックするが、特に出物なし。というか、最近は雑誌とか軟系の本しか買ってないような気がする。体力的にも、知的にも足腰が弱っているなあ。かといって無理に鍛えようとしてもしょうがないし。モチベが高まるのを待つしかないのだろう。